成人の成長ホルモン治療

成長ホルモン
成人成長ホルモン分泌不全症
検査と診断
治療
治療方法
治療の実際
治療のメリット
成長ホルモン補充療法中の気になる諸症状
楽しく充実した日々の暮らしを
医療費
成人のトップページに戻る
トップページに戻る

治療方法

●成長ホルモン補充療法による治療の概要

 治療には、不足している成長ホルモン(GH)を補います。これを成長ホルモン補充療法と呼んでいます。
 海外では1990年代中頃から実施されており、その有効性が認められています。我が国でも2006年4月より重症の成長ホルモン分泌不全症の患者さんに対して成長ホルモン補充療法が認められ健康保険で治療が受けられます。
 成長ホルモン補充療法では、ヒト成長ホルモン製剤と呼ばれる注射薬を1日1回自己注射します。必要量には個人差があるため投与量の調節が必要です。そのために主治医の指導のもとで血液検査と体調の変化に注意をしながら少量から次第に量を増やして最適な投与量を決めていきます。
 注射方法は簡単で、生活の一部として組み込み健康な人と同じように日常生活を送ることができます。
 

イラスト