成長ホルモン関連疾患解説

低身長・成長障害・成長ホルモンと関わる疾患について専門医がお答えするサイトです。
JCR
角丸
  1. ホーム
  2. 軟骨異栄養症・低身長の治療法は?【手術(骨延長術)】

軟骨異栄養症 望月 弘先生

□ 低身長の治療法は?

【主に軟骨無形成症】

イラスト

 骨延長術は、特殊な器具(創外固定器)をつけてから、骨を切断した状態をつくり、切断した骨と骨のすきまを少しずつ広げていくと、すきまに新しい骨がつくられ、骨が伸びていくことを利用した方法です。
 手術を行う時期は決まっていませんが、小学校高学年〜中学校に開始することが多いようです。術後2〜3ヵ月間入院が必要で、その後も長期間器具をつけたままの生活になるため、この治療を行うかどうかは、親子で十分な話し合いが必要でしょう。