使い方ガイド_グロウジェクター2
18/19

安全上のご注意●内部に水や異物が入ったときや外装 ケースが破損したときは、使用をやめ 電源プラグを抜く。傷んだまま使用すると、感電・ショート・火災の原因となります。電解液が目に入ったとき失明のおそれがあります。感電の原因となります。発火・感電の原因となります。感電の原因となります。たこ足配線などで、定格を超えると、発熱による火災の原因となります。充電・使用・放置をしない。発熱・発火・破裂の原因となります。電源コードを使用する。火災・感電の原因となります。内部の装置が正常に動作しないおそれがあります。本体内部に液体が浸入した場合、故障するおそれがあります。清潔な場所に保管してください。落下などにより、けがの原因となります。電源コードが破損すると、感電の原因となります。感電の原因となります。【月に一度のお手入れ】グロウジェクター2および専用充電台の充電端子を、乾いたやわらかい布で軽くふいてください。汚れていると充電時間が長くなったり、充電できないことがあります。専用ACアダプタの電源プラグも、乾いたやわらかい布でふいてください。ほこりなどがたまると、湿気などで絶縁不良となり火災のおそれがあります。分解禁止※ご使用の前に、以下の注意をよくお読みください。※ここに示した注意事項は、ご使用になる方や他の人々への危害や損害を防ぎ、 グロウジェクター2を安全に正しくお使いいただくためのものです。必ず守ってください。取り扱い方法保管方法● グロウジェクター2は、専用充電台にセットして、一般的な生活環境(温度:10℃〜40℃)の、耐用期間および廃棄に関して● グロウジェクター2の耐用期間は、使用開始から3年です。交換時期がきましたら、医師などへご相談 ください。● 機器の廃棄に関しては、医師などの指示にしたがってください。● 使用済みの注射針、消毒用アルコール綿および専用製剤は、医師などの指示にしたがって、安全に 廃棄してください。グロウジェクター2、専用充電台のお手入れ方法【普段のお手入れ】グロウジェクター2の外側と専用充電台を、乾いたやわらかい布でふいてください。【汚れがひどいとき】汚れがひどい場合は、やわらかい布に、水または薄めた中性洗剤をしみこませ、よく絞った状態でふいてください。【次のものは使わない】石油/みがき粉/シンナー/ベンジン/ワックス/熱湯/せっけんなどを使うと、変色・変質などのおそれがあります。● 内蔵の充電池は、本製品専用の充電式 電池です。解体し本製品以外に使用 しない。● 火のそばや炎天下など高温の場所で● 内蔵の充電池から電解液が漏れている場合には電解液に触れない。● 電源コード・電源プラグを破損するようなことはしない。(傷つける、加工する、熱器具に 近づける、無理に曲げる、ねじる、引っぱる、重いものを載せる、束ねる など)● ぬれた手で、電源プラグの抜き差しはしない。● ぬらさない。● 絶対に分解や修理・改造をしない。内部にさわると感電の原因となります。● 雷がなったら、コンセントに接続している専用ACアダプタ、専用充電台、本製品には触れ ない。● コンセントや配線器具の定格を超える使い 方や、交流100V以外での使用はしない。● 電源プラグは根元まで確実に差し込む。差し込みが不完全な場合、感電や発熱による火災の原因となります。傷んだプラグ・ゆるんだコンセントは使用しないでください。● 煙が出たり、変なにおいや音がしたら、 電源プラグをコンセントから抜く。● 電源プラグのほこりなどは定期的にとる。● 専用充電台の中に、硬貨や指輪などの 金属物を入れない。● 専用充電台は本製品専用の充電器です。 本製品以外の充電には使用しない。電池の液漏れ・発熱・破裂の原因となります。● 必ず、付属の専用ACアダプタおよび電源プラグにほこりなどがたまると、湿度などで絶縁不良となり、火災の原因となります。電源プラグを抜き、乾いた布でふいてください。感電・ショート・火災の原因となります。そのまま使用すると、ショート・発火の原因となります。● 本製品や専用充電台を不安定な場所に置かない。● 電源コードを抜くときは必ず電源プラグを持って抜く。● お手入れの際は、本製品の電源を切り、安全のため電源プラグを抜く。● グロウジェクター2は日本国内専用のため、海外では使用しないでください。● 本体の内部をつついたり、乱暴に扱わないでください。内部の装置が破損することがあります。● 電子レンジ、携帯電話など、電磁波の発生する電子機器の近くでは操作しないでください。● グロウジェクター2および専用充電台、専用ACアダプタを水など、液体でぬらさないでください。必ずお守りください3233危 険死亡や重傷を負うおそれが大きい内容警 告死亡や重傷を負うおそれがある内容注 意軽傷を負うことや、財産の損害が発生するおそれがある内容安全上のご注意安全上のご注意必ずお守りください

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る